木曾路 馬籠 妻籠 奈良井宿
2004.7月 6日
人生初めての岐阜県入り
今日は昔ながらの宿場町の面影を残す木曾の馬籠に向けてツーリングだ。
メンバーは四人。全ておじさんと呼ばれる男性陣の構成。このHP上ではすでにおなじみの中嶋氏・武部氏・そして新規参入の藤江氏。
藤江氏は二週間前に僕を介してヤフオクでホンダブロス650を購入したばかり。
すでの生産は中止されて久しいが、なかなか人気のあるモデルらしい。二気筒好きにはたまらない魅力溢れるバイクだそうです。

馬籠には中津川から19号で北上するのが普通だが、今日は敢えて飯田で下り大平峠(岐阜峠)を経る道程を選択した。峠好きの僕には嬉しいワインディングになる筈だった。・・・がしかし、ハプニングが!大平街道に入り数q走ったら迂回看板が・・・唖然
どうやら工事の為通交不可。仕方なく飯田インターに戻り恵那トンネルを通り中津川で下りることになった。
ご存じ方も多いと思うが、中山道69宿のうち木曽には11の宿場があり、馬籠宿は板橋を1番目とすると43番目になり、江戸からの距離は332kmになる。
街の丁度中心の辺りに島崎藤村の生家である記念館がある。馬籠を訪れる観光客のほとんどがこの藤村記念館に立ち寄るらしい。
道端に咲いていた紫陽花
石畳の坂道
田楽味の五平餅
奈良井宿 道の駅に掛かる木橋

Touring report サムネイル